スクール・通信講座の活用

受験情報を正しく入手するにはやはり講師がいるのが安心です

通関士試験には独学で合格する人も結構います。しかし独学で1度失敗して懲りた方、また手堅く1回の試験で合格をめざす方には、通学校や通信講座の利用が目立ちます。

独学の問題点は、通関士の試験の出題形式、出題分野が毎年大きく変わったり、改正点も多いことにあります。これらに対応して受験情報を正しく入手するには、やはり講義を聴いてプロのアドバイス受けるのが安全なのです。

通学講座

スケジュール手帳に書き込まれている19:00からの関税法の授業の予定。通学校での学びはカリキュラムがしっかり組まれているので、モチベーションも自動的にあがります。あなたの顔を覚えていれる講師が今晩も熱く教えてくれるのに、授業をサボるわけにはいけませんよね。だから学習予定も管理しやすい!そして教室で聞く生の授業には刺激があり、集中できるので学習効果も高いです。

ただし費用が割高になってしまうということと、スケジュールを管理しやすいぶん、ある程度の時間の制約を受けるということは考慮に入れなければいけません。
会社や自宅の近くに通いたいスクールがなかったり、職業柄仕事の時間が不規則という方は、学校へ通い通すことが可能かどうか、十分に検討の上決める必要がありそうです。

通信講座

今ではDVDで講義を視聴できるタイプのものもあり、通学講座と遜色ない効果を得られる通信講座もあります。(テキストのみの通信講座はあまりお薦めできません)。
もともと通信講座は、時間や距離の問題が足かせとなって、スクール通いがむずかしい受講生への教育法としてスタートしています。

そしてメディア教材が発達した今では、通学校と通信講座の教育レベルの差はほぼ解消されつつあります。というのも最近は、通学講座であっても教室でメディア授業を取り入れている学校が少なくないからです。

DVD講義など、よく工夫して作られているメディア教材には、教室の生の授業とは、また違った魅力があります。
たとえば、自宅学習専用にハイビジョン映像で収録してあるフォーサイト(※クリック)の教材などがそれです。講師との距離感が近く、まるでマン・ツー・マンで授業を受けているかのよう。解説も非常にわかりやすいです。

重要点をもう一度おさらいします。通関士試験は、法改正への対応などのため毎年内容が変化する試験です。それらの情報をもれなくキャッチするには、通学・通信講座など、講師に教わる学習法が安心、ということです。

みなさんのご健闘をお祈りしています!

お薦めの通関士講座

第1位 フォーサイト
コンパクトな情報量で合格へ導く通信教育のリーディングカンパニー。迫力があって観やすい講義DVDのクオリティーも圧巻です。
フォーサイトの詳しい情報はこちら→ http://www.foresight.jp/tsukanshi/

第2位 ユーキャン
CMでもでもおなじみの生涯学習の通信講座です。イラストや図表を多用した教材には、わかりやすく学べる工夫が満載されています。
ユーキャンの詳しい情報はこちら→ http://www.u-can.co.jp/

第3位 TAC
基礎力の徹底指導に定評ある専門学校です。「通学」で通関士を目指す方への一押し校がTACです。
TACの詳しい情報はこちら→ http://www.tac-school.co.jp/

人生設計に慎重なみなさんの一発合格を支える通信教材→http://www.foresight.jp/tsukanshi/

<< 前のページ次のページ >>

メニュー

おすすめ通信講座ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

 ⇒詳細はこちら

【No.2】TAC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

 ⇒詳細はこちら

【No.3】ユーキャン

教材には多少の不足も感じられますが、安心の知名度と親しみやすさで入門用に。

 ⇒詳細はこちら