通関士試験は短期決戦!

通関士試験は短期決戦!

受験者なら誰もがそう望むにちがいありませんが、通関士の試験こそ短期決戦で、1回の試験で合格を勝ち取りたい資格です。それには通関士試験のほどほどの難易度の高さや、試験科目に法改正が頻繁な法律があるなど、いくつかの理由があります。以下をお読みになってみてください。

確実に一発合格するには、400~500時間の準備が必要

通関士試験は、合格率はそれほど高くありませんが、試験は実務に直結した専門知識をダイレクトに問うという性質があります。法令科目の出題範囲も予想がつかない広範なものではありません。半年間近く(時間にして400~500時間)みっちり勉強すれば、1回で十分に合格可能な資格です。
とはいえやはり400~500時間の準備は必要です。1日2時間で約8ヶ月、3時間でも半年が必要な計算になります。
通関士の試験は1年に1度かぎりしかありません。このような膨大な努力をムダにしないよう、1年間根をつめて勉強して1回で合格してほしいのです。

法改正が毎年のように行われる曲者の試験

知的財産権の保護の観点から、また近年ではテロ対策や法令遵守(コンプライアンス)の視点から、通関士試験科目のなかで、特に関税法等はたびたび法改正がなされています。前年など以前に苦労して覚えた知識が、年度が変わると役立たない一面が通関士試験の性質のひとつにあります。
毎年のように法改正がなされるため、単年で勝負をかけないと、覚えるべき対象という点でもロスが生じてしまいます。
法改正には合格後、実務の中で向き合うべきです。通関士試験には短期決戦をかけましょう!

社会人の方の再トライは、非常にしんどいと思います

これは通関士の試験にかぎったことではありませんが、特に社会人の方の場合、仕事をしながら年間400~500時間の学習時間を確保するのは、並大抵の努力でありません。実際やってみるとおわかりになりますが、仕事と試験対策以外には、ほとんど何にも手を出せない1年になります。おそらく2年目の再トライには二の足を踏んでしまうでしょう。意欲が折れてしまうのです。そして夢としていた将来を諦める結果に…。
みなさんには、夢は確実に実現してほしいと思います。だからこそ通関士試験は一発合格が命題なのです!

人生設計に慎重なみなさんの一発合格を支える通信教材→http://www.foresight.jp/tsukanshi/

<< 前のページ次のページ >>

メニュー

おすすめ通信講座ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

 ⇒詳細はこちら

【No.2】TAC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

 ⇒詳細はこちら

【No.3】ユーキャン

教材には多少の不足も感じられますが、安心の知名度と親しみやすさで入門用に。

 ⇒詳細はこちら