通関士の試験概要

通関士の試験情報

●受験資格
学歴、年令、経歴、国籍などの制限は一切ありません。誰でも受験することができます。

●申込期間
7月初旬~8月中旬(願書受付終了)まで。

●願書受付期間
通常は、7月下旬もしくは8月上旬~8月中旬の間に、受験予定の税関で受付けています。受付期間は、その年によって、変更になることもありますので、各税関で確認しましょう。

●試験日
毎年1回、10月初旬~中旬の日曜日に実施。年度によって、若干変更になることがあります。最新の情報を事前に確認しておきましょう。

●受験できる場所
全国に13カ所の試験会場で受験できます。札幌、新潟、東京、仙台、横浜、静岡、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡、熊本、那覇(※指定試験会場であれば、どこでも受験可能です)。

●受験料
¥3,000円の収入印紙を、受験願書に貼って提出します。収入印紙以外の現金、切手、収入証紙などは認められていません。

●試験科目
通関士試験は、以下の3科目から出題されます。
(1)通関業法
(2)関税法等
関税法、関税定率法その他関税に関する法律、
および外国為替、外国貿易法(第6章に関する部分のみ)
(3)通関実務
通関書類の作成要領、その他通関手続きの実務
*実際に、輸出申告書と輸入申告書を作成し、関税額を計算。

●合格基準
上記3科目でそれぞれ70%以上の得点が合格基準です。1つでも、70%以下の得点があったときは、たとえ総得点が全体の70%以上であっても、合格にはなりません。

【受験願書の入手方法】
受験願書は、受験希望の試験実施地を管轄する税関で7月上旬から8月中旬の受験の申込み締切りの日まで配付されています。
郵送により請求する場合には、120円分の切手を貼ったあて先明記のA4サイズが入る大きさの返信用封筒を同封して、受験希望の試験実施地を管轄する税関の通関業監督官まで送ります。受験願書受付期間に間に合うよう早めに請求するようにしましょう。
詳しくは税関のホームページを参照してください。
http://www.customs.go.jp/

人生設計に慎重なみなさんの一発合格を支える通信教材→http://www.foresight.jp/tsukanshi/

<< 前のページ次のページ >>

メニュー

おすすめ通信講座ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

 ⇒詳細はこちら

【No.2】TAC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

 ⇒詳細はこちら

【No.3】ユーキャン

教材には多少の不足も感じられますが、安心の知名度と親しみやすさで入門用に。

 ⇒詳細はこちら