通関士 勉強方法のキーワードは「継続」と「バランス」

通関士 勉強方法のキーワードは「継続」と「バランス」

通関士試験の受験生から上がる質問として、よく耳にするのは「勉強にコツはないのか?」というお声です。

受験をきっかけとして初めて通関関連の知識に触れる場合、これまであまりなじみのなかった分野ということもあり、どう勉強を進めていくかに頭を悩ませるようです。

通関士試験合格に向け、大半の受験生が「勉強の仕方に何かコツがあれば知りたい」と思っているようです。

基本スタンスは「学問に王道なし」

本ページでは、「通関士試験の勉強のコツ」をテーマにお話ししていくわけですが、結論から言えば、「こうすれば合格確実」「この方法なら間違いない」といった勉強法はありません。

どんな勉強法であれ、信じた道(方法)をひたむきに取り組んでいくことの他に、合格を目指す手段はないのです。ただし、使う教材や講座の質、さらにはそれらと自分との相性によっては、効率良く合格を目指せるか否かが変わってくる可能性はあるかもしれません。

とはいえ、基本的には「学問に王道なし」であり、合格に向けてどの程度努力できるかがポイントとなってくることは言うまでもありません。

通関士試験に向けた勉強は“コツコツと”、“まんべんなく”

これから通関士試験に挑戦する受験生に向け、勉強のコツとしてはっきり言えるのは、「毎日継続すること」と「どの科目にもまんべんなく取り組むこと」の大切さです。

まずはどの資格試験でも共通して言えることですが、その日の気分によって取り組みにムラがあるようでは、着実に知識を積み重ねていくことは出来ません。

例えば、ある休日に15時間勉強したとしても平日は勉強時間ゼロの状態では、次の休日までに知識は抜け落ちてしまい、せっかくの15時間は水の泡です。

それならば、1日2時間ずつでも毎日取り組めた方が、知識の習得度合としては格段に上がるでしょう。本試験までの限られた時間、戦略的な計画で学習を進めていく上では、「毎日コンスタントに学習を続けていくこと」が大前提となります。なかなか難しいかもしれませんが、合格を目指すなら心がけるべきです。

加えて、「特定の科目に苦手を作らない」ことは、それぞれの科目で基準点が課せられている通関士試験の勉強を進めていく上で、重要なコツであると言えます。

もちろん、科目に応じて得手不得手があるでしょうが、取り組みだけはバランス良くこなしていかなければ、本試験本番に苦手科目で大幅失点をしてしまう可能性もあります。これでは、どんなに他科目の出来が良かったとしても、合格することは出来ません。

通関士試験の勉強のコツとして、ココでご紹介したことはごく基本的な内容ばかりです。しかしながら、こうした基本的な要素こそ、忘れてはならない重要な戦術だったりします。ぜひ、今日からの勉強に活かしていきましょう!

人生設計に慎重なみなさんの一発合格を支える通信教材→http://www.foresight.jp/tsukanshi/

<< 前のページ次のページ >>

メニュー

おすすめ通信講座ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

 ⇒詳細はこちら

【No.2】TAC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

 ⇒詳細はこちら

【No.3】ユーキャン

教材には多少の不足も感じられますが、安心の知名度と親しみやすさで入門用に。

 ⇒詳細はこちら