通関士を持っているから一般社員よりも給与がアップ♪

通関士に合格したら、給与はどうなのか?

これから通関士になろうという方にとって、「この資格でどの程度の給与が見込めるか」といったテーマは気になりつつも、実際のところを把握できないという非常に悩ましい話題だと思います。
そもそも「通関士の平均給与」等という公式のデータは存在しませんし、お金のことは人に聞こうにもなかなか聞けないデリケートなトピックスです。

というわけで、本ページでは「通関士の給与相場」をこっそりご紹介することにいたしましょう。

通関士の給与相場は“就職先企業や業界の標準”が基本に

「通関士の給与」といっても、実際には何も特別なものではなく、「平均的な会社員並みよりも少し高い」程度というのが正しい認識であると言えます。
それもそのはず、通関士の資格を活かして働いているといっても、雇用形態としてはごく普通の正社員。そのため、その会社で働いている他の社員と同様の給与テーブルで給与が算出されることになります。

よって、通関士の給与相場を知りたい場合には、単に「通関士として」ではなく、就職先企業や業界の相場を探ってみると見えてくるかもしれません。

通関士の給与の魅力は“安定した+α”にある

それでは、なぜ通関士の給与は他社員と比較して「少し高い」のでしょう。

それは、資格手当という名の“+α”のおかげなのです。職場で通関士の資格を活かして活躍する場合、当然のことながら、他社員ではこなせない業務に携わることになります。
どんな知識も、仕事に活かせば収入源となり得ます。
苦労して取得した通関士資格においても、例外ではありません。

資格手当の相場としては月に1万円前後であるケースがほとんどですが、この手当は勤務時間数、出勤日数、昇給の有無等に関わらず固定的に支給されるものですから、なかなかバカにできませんね。
今の時代、コンスタントに月給を1万円上げるのは容易なことではありませんから。

人生設計に慎重なみなさんの一発合格を支える通信教材→http://www.foresight.jp/tsukanshi/

<< 前のページTOPページへ >>

メニュー

おすすめ通信講座ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

 ⇒詳細はこちら

【No.2】TAC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

 ⇒詳細はこちら

【No.3】ユーキャン

教材には多少の不足も感じられますが、安心の知名度と親しみやすさで入門用に。

 ⇒詳細はこちら